LINE・メール

好きな女を振り向かせる!LINEとメールで惚れさせる厳選5つのテク!

更新日:

気になる女性や好きな女性とデートしたい!

そのデートまでの道のりで避けて通れないのが、LINEやメールですが、女性がこちらに興味を持ってなければ、誘っても断られてしまう事が目に見えてますよね。デートOKにするためには、『一緒に居たら楽しそう!』って思われる事が一番です。

これをLINEで行う事が出来るんです。惚れさせる第一歩は、LINEやメールから始まります!

LINEやメールが女性を惚れさせる鍵!

LINE等のやりとりでは、あくまでもデートを取り付ける為だけのツールって思う事の方が多いですよね?男性は、女性と違ってLINEなどは、用事を済ますものとしてとらえてますからね。

ただし、女性はコミュニケーションツールとしての意識が強いので、僕ら男性よりも、普段のメールやLINEを大事にしてるんです。

そうなんです。女性を惚れさせ、振り向かせるには、LINEがカギになるんです。

この女性が大事にしてるLINEで、好きな相手を楽しませる事が出来れば、惚れさせる下準備が出来ます。LINEだけで惚れさせる事も可能かも知れません!ただし、技術が無ければそれは不可能なのです。

ここからお伝えする5つのテクニックを駆使して、女性を惚れさせていきましょう!

女を惚れさせるLINE・メールテク① 文章の長さ編

まずは、LINEやメールは文字数に注意する事が大事です。文章が長いと読みづらいですし、大量の文章が送られて来た場合って『面倒くさっ!』ってなるのが落ちです。

返信するときに、女性も『同じ文字数を打たないと相手に悪い』と感じて、面倒くさいと感じるんです。

一度、悪い印象がつくとメールの返信率は下がってしまいます。特にうざいな!って思われた後の挽回するのは、かなり難易度が高くなるので長文のメールはNGですね。

それと、逆に短いと『そっけなっ』と思われてしまいます。これは、ギャップで使えるのでいいかも知れないですが、毎度毎度短いと印象がプラスには働かないので、短いのは△ですね!

では、文字数はどれくらいとなると簡単で、女性から来たメールの文字数と大体同じ位のボリューム数で送るのがベストです!

もちろん、話題の内容によっては、プラスで1.2行程度の文字数でしたら、多少長文や短文になってもOKです。

会話が盛り上げる為に、多少文章を長くするのは、全然問題なしです!盛り上げる為であれば、むしろ1.2行程度長くした方が会話が弾むのでOKです。

パソコンだと1.2行は長すぎるので、1行程度でOKですね。

女を惚れさせるLINE・メールテク② 返信しやすいナイスパスを出す!

LINEやメールの内容としては、返信のしやすさを意識して送ると効果が高いです。

相手が返信をしづらいのは、不可が大きいメールです。簡単に言うと重いって思われるようなメールや、面倒だなって思うようなメールです。

質問攻めがいい例ですよね。質問が沢山あると、面倒くさいなってほぼ思います。例えば、女性からこんなメールが来たらうざいです。

『〇〇君ってお酒好き?好きな種類のお酒ってどんなの?好きな銘柄は?』等の連ちゃんの質問はかなりしんどいですよね。これが不可が大きいメールです。

これが、一回のメールでなかったとしても連ちゃんで質問が来たら同様の感情に陥ります。

質問すると、返さなくてはいけない!って感情が働くので、質問のしすぎはNGです。

相手のことを知りたいと思うと質問が多くなってしまう気持ちは分かりますが、心理的な不可が大きいとそもそもの目メールの返信事態がなくなってしまいます。

本当に聞きたいことは、前フリをしてから質問をすると自然と聞けます。大事なのは、前フリで心理的な不可を小さくしていって、その後に聞くことです。

『〇〇ちゃんって仕事何してるの?』のと直接仕事を何してるか聞くよりも、

『〇〇ちゃんて、すげー気が利くから看護婦とか保育士っぽいね!』と一回送ってから、『じゃあ仕事って何してるの?』って聞く方がスムーズに聞き出せます。

褒めてから聞き出すとなお効果的です。褒められて悪い気になる女性は居ないですからね。

女を惚れさせるLINE・メールテク③ 気持ちや感情を伝わりやすくする!

どうしても、文字だけだと無機質になってしまって返信が返しづらくなります。

先ほどあげたように、長文での質問攻めだと最悪っすね。まるで面接か!って位の感情になるので心理的負荷はMAXでしょう。心理負荷が大きければ返信も少なくなります。

無機質な文章を回避するためには、メールやLINEでは、文字だけではなく、絵文字や顔文字、スタンプを使ったりするのが吉です。これを使うことで無機質な文章から感情が伝わるメールに様変わりします。

顔文字やスタンプの送る回数としては、2.3通に1回位がいいです。

これが毎度毎度文章の後についてると、ちょっと気持ちが悪るがられてしまいます。いつもメールやLINEをしててなれてるんだな。って印象を与えることになりますからね。

大事なのは、無機質から感情が伝わる文章にすることなので、♪や!等も使うことがいいでです。後は、笑とかは使いやすく冗談なども伝わりやすくなります。

女を惚れさせるLINE・メールテク④ くだけた位で調度いい!

礼儀正しくビジネスチックな言葉でのLINEやメールはNGです。相手が年上の職場の上司や先輩とかだったら別です。

相手が礼儀をある程度重んじるタイプなら、ビジネスちっくでもいいのですが、誰にでもっていうと違います。

『先日は、食事とても楽しかったです。また一緒にいきましょう。』とメールが来るよりも、

『昨日は、ご飯おいしかったね!楽しかったわ!!また一緒に行こうね♪』とかの方が楽しさが伝わりますよね。先ほども書きましたが、文章だけだとどうしても、無機質になりがちです。

これが、ビジネスメールになると拍車をかけてしまいます。例の文章だと、全く楽しさが感じられませんよね。

!マークや♪だけでも、大分くだける事ができますが、もっと楽しかった事を表現するとしたら、

『昨日、〇〇ちゃんのメニューのチョイス良かった!あそこの鳥料理マジ美味いね!超満足の食事でした!次の食事もメニューは任せた!笑』

とかの方が、楽しかったって事が伝わりやすいですよね。相手を褒める事がプラスで送れれば、加点されていきます。

女を惚れさせるLINE・メールテク⑤ 楽しませる為に、予想を超える

人生楽しんでなんぼ!そして恋愛は相手を楽しませてなんぼ!です。メールやLINEでも、相手を楽しませる内容でメールを送ることで相手に自分を意識させることが出来るんです。

僕ら男性が、女性に惚れる瞬間ってなんなのか?ってなると『かわいいな!』って思った瞬間ですよね。

それが、メールであれば、自分の予想を超えた可愛さがあふれるメールが来るとドキッとします。

女性に僕らを意識させるには、意外性のあるメールです。かっこいい!って思わせるような感じは、ちょっと臭くなりすぎる場合もありますので、僕はお勧めしませんが、ようは相手の想像を超える内容でメッセージが届けば問題ないんです。

例えば、女性から『今度の休みって何してる?』てメールに対して、『家で漫画でも見てごろごろするわ~!』とかって内容だと、意外性や、想像通りの内容ですよね。

実際に僕が行った意外性を持たせるLINEのやりとりを書きます。

女性:『今度の休み何してる?』

僕:『漫画が1時間で何冊読めるかって記録にチャレンジしょうと思う!応援宜しく!』

僕:『ちなみに、何冊いけると思う?』※2通連ちゃんで送りました。

女性『何の漫画かによるよね!笑』

僕:『島耕作』

女性:『文字多いでしょ(≧▽≦)!』

と会話を盛り上げて行えました。その後は、漫画の話で盛り上がり映画の流れにもっていきました。

休みを聞いて来る時点でこの場合は脈があったのですが、話を盛り上げる事によって当日のデートも女性は楽しみにしていたようでかなりおしゃれして来てました。

このように、相手の予想を上回る内容のメールを相手に届けると効果があります。

笑いを取れば、この人といれば楽しいと思わせる事が出来ますし、クールに決めればカッコいい!とか頼りになる!男らしい!とか様々な印象を与える事が出来ます。

自分に合ったキャラクターでメールやLINEを送るのがいいんですが、女性の期待を超えるがいいです。

後は、ギャップを持たすのもいいですよね!普段冗談ばかり言ってるのに、女性からの相談などが来たときはクールに決めたりするとふり幅がある分、女性をきゅんとさせる事間違いなしです。

※相談メールは女性の脈ありサインです。

女を惚れさせるLINE・メールテク まとめ!

よくLINEだけで、惚れさせる事は不可能だ!とか言われる事がありますが、僕はそんな事は無いと思ってます。

LINEだけでも惚れさせる事は出来るんです。ただ、LINEで告白とかそういうのをする事が少ないので、確認する方法が無いだけだと思います。

LINEだけでも、『この人と毎日居れたら楽しいだろうな!』と思わせる事って出来ると思いませんか?実際にLINEで楽しくて、気になったところのデートで女性の感情が確信に変わる!これが今の恋愛の形であります。

LINEテクニックがあれば、恋愛の5割は上手くいきます!女性を楽しませる事を意識して、惚れさせちゃいましょう!

【PR】LINEテンプレート~女性に好かれるメール術~

-LINE・メール
-, ,

Copyright© SCORE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.