恋愛ノウハウ

LINE・メールの返信率UP!女性が返信しない理由とは?

更新日:

コミュニケーションをとるツールとして、いまや欠かせないものが、メールやラインですよね。大学生でも、社会人でも、使ってる共通ツールになりますが、女性とコミュニケーションを取っている時に、こんなことありませんか?

『メールの返信が返ってこない!』『ラインは既読がついてるのに、返信がない!』

かなりのショックですよね。返信がないのは、もちろんの事、既読スルーはとても心が痛ましくなります。特に、好意を持ってる異性から返信が無い時は気が気でないですよね。

せっかくの出会いを成就させたい!そんな希望をかなえる為には、まずは、メールやLINEのコミュニケーションは必須です。ただ、相手からの返信がなければコミュニケーションどころじゃないですよね。

今回は、メール返信率UPのテクニックを紹介致します。簡単な事でメールの返信率がUPします

何故LINEやメールの返信が無いのか?女性が返信しない理由

まずは、男性が女性にLINEやメールを送る理由は、『どうにかしてモノにしたい!』という気持ちからLINEを送ると思いますが、そのまず第一歩の着地地点は、女性をデートに誘うって事だと思います。

LINEだけや、メールだけで口説く事までは大抵考えないと思います。

この【デートの約束】の為にメールやLINEを送って、デートの約束を取り付ける為に、コミュニケーションを取っていき、相手に好意を持ってもらうツールがメールやLINEですよね。

出会い方はさまざまあると思います。

・大学・職場・合コン・相席居酒屋・ナンパ・出会い系・婚活サイト・街コン等など、様々な出会いの種類がありますが、好意を持ってもらい、【デートの約束】という目的は変わりません。

男性がLINEやメールの使う理由は、みんな変わらず女性に行為をもってもらう為です。

そこで、知って頂きたいたいのは、そもそもの好意を持ってもらうコミュニケーションでつまづいてしまうことが多い理由、【女性がLINEやメールを返信しない】理由です。

デートまでの誘い方の部分で、つまづいてしまうのは、この女性が返信しない理由を知らずにいる為に、好意をもってもらう前にNGになってしまうって事です。

やはり、好意を持ってもらうためには、女性の心理をしる事が大事です。

女性がメールを返信しない理由をあげていくと下の5つの理由があげられます。

①相手が忙しい等のタイミングの問題。

②返そうと思って忘れてしまっていた。

③会話が終了したと思っている。

④送られた内容に触れられたくない。返しづらい内容。

⑤その場で決められない予定を聞かれてしまった

大体がこの理由に当てはまります。では一つ一つ紐解いていきましょう!

女性がLINEやメールを返信しない理由① 相手が忙しい等のタイミングの問題。

 

LINEやメールを送った時、相手が何をしてるかっていうのは分かりません。

予想することは出来たとしても、実際目にしてる以外は不可能ですよね。相手が何してるか分からないって事を意識の中に入れる事が大事です。

その相手が、もし忙しくて大変な時、何かをしている時に連絡が来ると困ります。

朝にLINEを送ったとして、電車の中で暇してる時なら返しやすいでしょう。ただ、前日の疲れが抜けきってない時であれば、電車で一眠りしたいって女性もいます。

そういった状況をLINEやメールでは『分からない』って事を理解する事です。

相手が見えてないことを考える事が、まずは返信率UPのコツの一つです。

POINT

・相手の生活リズムをしる事。

女性がLINEやメールを返信しない理由② 返そうと思って忘れてしまっていた。

①に続く内容ですが、忙しかったりすると、どうしても他の事に目が行かない事は、男女関わらずにあります。返信を作ってるつもりでも、送信し忘れる事もありますから、待つことが大事です。

つまり①②の攻略としては、少し時間を空けてLINEやメールを送ることです。※立続けや、時間をおかずに送信するのは、自分のことをめちゃめちゃ好きじゃない限りは、嫌われますので注意です。

LINEやメールの送る内容としては、社会人になら『仕事忙しいそうだね!』

大学生ならば『あの講義難しいよね?順調?』

等の相手を気遣うLINEやメールを時間が経った後に送ることで、悪い印象を与えずに、気を使える男性という印象とがっついてない印象を同時に与えることが出来ます。

POINT

・相手を気遣うこと。

女性がLINEやメールを返信しない理由③ 会話が終了したと思っている。

お互いの認識がズレており、会話が終了したと思ってる女性もいますので注意です。

よくありがちなのが、『そうだね!』『はい!』『うん!』等の相手が相槌で終われるようなLINEやメールを送った場合に相手だけで話が完結してるケースです。

この相手の『相槌』で話が完結してしまう場合は、相手からのレスが返ってくる確立は極端に低くなります。

LINEやメールが返って来てない時は、自分が送信した内容を一度見返しましょう。相槌で終わるメールを送ってる場合については、女性が自己完結してる場合があります。

POINT

・相槌で終わるような内容を送らない。

女性がLINEやメールを返信しない理由④ 内容が返しづらいし、触れられたくない

よくホストの世界でいわれる有名な話で、『お客さんの職業を聞くな!』というのがあります。恐らくみなさんも聞かれた事がある話だと思います。今もこれが鉄則なのかは僕は存知あげませんが。

ただ、この職業を聞いてはいけないという理由は、仕事のストレスを発散しに来てる女性に仕事の話を思い出させるようなことをしてはいけないと言う意味なんです。

つまり、地雷(相手が望まない話)を踏んでしまっている可能性が高いんです。

相手の好きな話題を予測していく事が大事です。僕がよく使うのは、食事の話が多いです。好きな食べ物の話からであれば、デートにも話を持っていきやすいからです。

POINT

・会話の地雷を踏まない

女性がLINEやメールを返信しない理由 ⑤その場で決められない予定を聞かれた

実際にデートの約束までのタイミングで返信が来ないとショックですよね。

ただこれは実は、よくあるケースなんです。メールを見たタイミングではまだ分からない仮の予定が女性にはあります。

仕事、サークル活動、友達との約束、自分の趣味の活動などなど、事前には分かってるが、日にちが決まっていない。

仮の予定が女性にはあるんです。そうすると返信しない理由の①~④にダブルパンチで当てはまる場合があります。

ここは、男はぐっと待てです!がっつくと印象は当たり前に悪くなります。

少し日を空けて、デートのプチ情報を再度相手に提示すると効果的です!

例えば、水族館デートであれば、『〇〇のアシカのショーなんだけどさ、土曜と日曜で連チャンでやるじゃん!だから日曜だとアシカ疲れてるらしいよ!笑 いくなら日曜だな!笑』

等の軽い冗談を混ぜると向こうも抵抗なく返せますし、笑いがあるほうが楽しい人だなと思わせることが出来るので印象もUPします。

POINT

・予定を決める際は、抵抗感を無くす

メール返信率UPの心理学!好意の返報性

①から⑤の理由から女性がメールを返信しない理由を解説しましたが、返信をまずは待つということが基本のスタイルです。

絶対にがっつくのは良くないです。肉食系とかオラオラ系とかと、がっつくのは全くの別物です。余裕がある男に見せる方が印象がUPします。

そして、LINEやメールが返ってこない理由やケースから、男性側のテクは先お伝えしましたが、まずは送る段階から返信率をUPする方法があります。

それは、心理学を利用した簡単なテクニックです。

心理学の言葉でいうと『好意の返報性』といいます。

別名、お返しの法則と呼ばれたりしております。

例えば、みなさんにこんな経験ってありませんか??

同級生や、職場の人間から、誕生日プレゼントを受け取ったら、

『相手の誕生日にも、何か返さなきゃ!!!』って気持ちになったことはありませんか。

このように、相手の好意に対して、お返ししたくなる心理の事を、『好意の返報性』と言うんです。ではこの心理学を利用したテクニックをどういう風に使えばいいのか?

この心理学の効果は、先ほどあげた例のように、もらった好意に対しては返したくなるという法則になります。【与えた好意と同じ程度の好意が返ってくる】ということが大事なポイントです。

誕生日プレゼントをもらった場合は、同じ位の金額で探す事って多くありませんか。

ただし、誕生日プレゼントがすごい高額なものでしたら、いかがでしょうか。

話がちょっと違ってきますよね。返すことが出来ない好意になってしまうんです。実際に自分が相手に対して思ってる好意よりも、重たい好意が来ると当たり前に返すことが出来なくなってしまうんです。

なので、好意の法則を使う鉄則は、ボクシングのようにジャブで相手との距離感を図り、少しずつ相手のふところに入っていく事が大事なのです。

では、具体的なジャブをお伝えします。

①積極的に相手の名前を呼ぶ。

②相手の長所を褒める。

③相手の話に興味を持つ。

この3つのジャブをマスターする事で好意の返報性を使えるようになるのです。

LINE・メールの返信率UP ①積極的に相手の名前を呼ぶ。

人間名前を呼ばれてうれしくない人は居ません。特に社会人になると苗字で呼ばれるケースの方が多くなります。

下の名前で呼ぶのは、昔からの友人や特に親しい友人などになる為、女性も無意識に友人達を思い出させることで、サブリミナル効果のように下の名前を呼ぶことで、仲がいいのでは?と錯覚を起こさせることが出来ます。

僕の話になりますが、以前セクキャバにはまった時に、僕を下の名前で呼ぶ子がおりまして、とても親密な仲になりました。

※結果付き合いましたが、付き合うまでの客時点だとめちゃくちゃお金使わされました。

付き合った後に聞いた所、やはり下の名前は作戦だったようです。お店では、苗字を名乗る人が多く、下の名前をいかに早く聞き出すかが水商売でのポイントらしいです。

LINE・メールの返信率UP② 相手の長所を褒める。

相手と出会った事があれば、何でも構わないので、褒めちぎる事が好意の返報性を有効的に使うコツです。

気配り上手等の『女性らしさ』をほめるネタがあれば、女性らしさを褒めることが効果的です。

相席居酒屋や、合コン等の初めて出会った場合についても、何かしてくれたら『気が利くじゃーん!』等と褒めたり、会話でも『何そのリアクションめちゃかわいいんだけど!笑』何でもOKです。どんどん褒めていきましょう。

出会い系サイトや婚活サイトなどのまだ出会ったことがない場合、まずはプロフィールをしっかり見て、少しでも褒める要素を探してからメールを開始することがポイントです。

本当に何でもいいんです。『芸能人の誰に似てるね!』とか、プロフィールの文章から、『その行間の取り方みやすい読みやすい!!笑』とか、本当になんでもOKです。

褒められて悪い気はしないので、少しずつ相手を知っていき、その子らしさまで褒められるようにしていきましょう。

LINE・メールの返信率UP③ 相手の話に興味を持つ。

相手の話には、オーバーリアクション、質問、補足が大事です。この3つを行う事で相手に話にすごい興味を持ってるんだー!というアピールになります。

オーバーリアクションは、メールやラインですから、大声を出す!と言ったものでは無く、!マークや顔文字、絵文字など相槌に対して、反応を示すことです。その後に、質問して行くことで相手がノリノリでしゃべるようにしましょう。

そこで会話が続きやすくなり、相手も楽しく話してくれるようになります。

返信しない理由と返信率UP まとめ

メールの返信率UPのコツは、まず何故女性がメールを返さないかの心理

①相手が忙しい等のタイミングの問題。

②返そうと思って忘れてしまっていた。

③会話が終了したと思っている。

④送られた内容に触れられたくない。返しづらい内容。

⑤その場で決められない予定を聞かれてしまった

このパターンを知ることが大事です。

そして、自分から送るメールは好意の返報性を利用した3つのテク

①積極的に相手の名前を呼ぶ。

②相手の長所を褒める。

③相手の話に興味を持つ。

これを使いこなすことで、返信率の低下を防ぎ、万が一返ってこなかったとしても、

その時は、女性のメールを返信しない心理を再度思い出して、追メールやラインを送りましょう。

まとめると、

①相手の状況を考えてメールを送ろう!メールでは相手が何を今してるか分からない!

②名前を呼んで、褒めて、相手の話を盛り上げよう!

③返ってこなくてもじっと我慢、時間と心の余裕を持った気遣いメールや面白メールを送っていこう!

是非、お試しあれ!
【PR】LINEテンプレート~女性に好かれるメール術~

-恋愛ノウハウ
-, ,

Copyright© SCORE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.