セックスノウハウ

セックス初心者の後背位の方法!

更新日:

気になる相手との初夜には、セックスで相手を悦ばせたいと思うのが当然ですよね!お互いセックスが初心者であれば、テクニックやスムーズ差は必要がないかも知れませんが、相手が複数人との経験があると男性が気になるのは、過去の男と比べられること。

もちろん、相手の女性をイカせる事が最終目標ですが、その前にセックスの基本だけでも抑えておきたいものです。今回は男女共に人気の体位の後背位(バック)の初心者から中級者向きの方法をお伝えします!

後背位(バック)とは?

バックにも実は色んな種類があります。大まかなものを上げるとすると、スタンダードな後背位(バック)、立ちバック、等があります。

スタンダードバック

スタンダードなバックとは、女性が四つん這いに体制になってるところへ、後ろから挿入する体位になります。

見た目が動物と一緒の姿勢になりますから、男性も女性も『セックスしてる感』が半端なく体験できる体位になります。

見た目も男性側からの視点で言うと、女性の体のラインがキレイに後ろから見えるので興奮度の高い体位になります。

しかも、体制的にも腰を動かしやすい姿勢になりますから、ガンガン突けるメリットもあります。

つまり、初心者でも女性を感じやすくさせやすい体位になるんです!女性はバックの姿勢だと快感を感じるGスポットへバックだと当たりやすいので、男女ともにメリットの高い体位となります。

立ちバック

男女が共に立っている状態で、女性がお尻を突き出し、男性がペニスを突き立てるといった体位となります。

この体位は、AVとかのアオカンのシーンで流れる体位になりますよね。女性を壁際に手を付かせて、男性が後ろから付く時はとても興奮します。

立バックの時に女性を振り向かせるとかなり興奮します。女性の顔が赤らんでいて、少しトローンとした表情を浮かべてる時は、動物的に犯したい症状にかられる男性も多いと思います。

POINT

女性の膣は下付きと上付きがあります。下付きの女性は膣が背中側によっているので、挿入時にペニスが上向きの体制でありますから、スムーズに挿入に行けますし、女性は快感を得やすいです。

逆に上付きの女性に関しては、膣がお腹側に寄っているので、少し無理な体制になるので、女性が痛がる場合があるので注意が必要です。

後背位の方法

バックのメリットは、体制的に女性の膣の奥まで進みやすい体位となります!ただ、いきなり奥まで到達すると女性は、気持ちいいと思う所か痛いんです。

しかも、女性が感じやすいGスポットは膣の奥よりも少し手前にあります。正しい方法を身につけてないと、女性には痛みしかない体位になります。

正しい方法を身に着けていき、女性を悦ばせましょう!

挿入の仕方

まず、女性は四つん這いの体制になります。あかちゃんのハイハイのようなポーズですね。

膝をついて、手を伸ばした体制を最初は取ってもらうのが、挿入の時スムーズになります。

腰の位置をお互い挿入しやすい位置に整えた後に男性は、女性の腰を柔らかいタッチで触りながら、挿入させていきます。

柔らかいタッチをする事で、お腹まわりをそわそわさせると挿入の時に女性がピクっと反応します。バックに限らず、女性の膣が十分に濡れてないと、挿入した時に女性は痛みを感じます。

挿入前にも、快感を与える工夫を常にする事が大事です。

そして、この挿入した時はすぐに動いていくのではなく、ゆっくりと動かしていきましょう。少しずつ女性器を濡らす事がここでの役割ですが、そのほかにも、女性の膣は毎度大きさが違うんです。

自分のあそこの大きさに慣れてない状態で動けば女性はもちろん痛がります。少しずつ動かす事で膣も濡らしながら、大きさを慣らしていく事ができます。

お互いの身長差があるば場合

女性の腰の位置が低い場合は、男性が股を広げて高さを調整していきます。枕等を利用して女性の高さを上げる方法もあります。

女性の腰の位置が高い場合は女性にひじやひざをもう少しまげてもらう必要が出て来ます。

ただ、この時に『もう少し膝を曲げて!』っていうのが格好悪いな。と感じた方は、女性に後ろから覆いかぶさるようにして、乳房を攻めていきましょう。力が入らなくなると自然に体制は低くなります。

あと、上から体重を預けるようにすることで、力を緩めて低い体制に自然になっていきますので、その体制になった時に挿入をしていきましょう。

後背位での腰の振り方

バックは男女共に腰を動かせる体位の1つです。

そして、この腰の動かし方によって『パン!』と音を出しますので【セックス】してる感が半端なく感じる事ができます。男性にとってもこのバックは、比較的動きやすい体位です。

正常位とバックを比べてみましょう!

正常位は、女性が仰向けの体制にいます。背中とベットがくっついてる状態で男性が覆いかぶさるような体制ですから、動くことが出来ない体制にあるんです。

そこで、バックを正常位と比べると四つん這いの姿勢ですから、体を動かせる体制にあります。女性自身が前後左右に動くことができます。※左右に動かれたら、めちゃくちゃ痛いですけれどもね!

バックは正常位と比べて、体が固定されてる位置ではないので、女性も動ける体位となります。

そこで男性は、手を女性の腰に置き、自分の腰をうちつけると同時に、自分の手を引くことで女性の腰を自分の腰に向かわせる動きもできるんです。

自分が腰をうちつけにいき、女性の腰も近づけるとあのAVみたいな『パンパン!』という刺激的な音を奏でるんです。

腰の振り方のイメージはお尻に力を入れる方法と状態を反らす時の腰に力が入れる方法があります。

このイメージをもって練習をすると実践では、スムーズな腰の振り方を体得してる事でしょう。

布団や枕などに腰を打ち付けると感覚を覚える事ができます。恥かしさを捨てて一度やれば、すぐに腰の振り方は体得できますので、一度お試しあれ!

現役No.1AV男優『しみけん』のセックステクニックDVD【快感制覇】

-セックスノウハウ
-,

Copyright© SCORE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.